点数でわかる!高精度自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」新製品。自律神経測定でお客様に安心・納得いただけるサービスを提供しませんか?短時間測定でお客様のココロとカラダのコンディションが一目瞭然!

                                         


自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」とは?自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」は指センサーから計測される脈拍を高精度で検出し、交感神経・副交感神経の活性度とバランス、ストレス抵抗力、疲労度などを、可視化・数値化する「定量測定」ができます。本体をパソコンに接続後、
指先にセンサーを装着し2分30秒測定します。測定後の結果レポートは、数値にグラフやイラストを交えて表記されます。総合評価はわかりやすく点数で示されるので、測定された方への説明も難しくありません。簡単接続!簡単操作・測定!わかりやすいレポート!



自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定手順1.パソコンを本体に繋ぎます。
自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定手順2.指にセンサーをつけて測定開始ボタンを押すだけ!
自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定手順3.2分半の測定後、すぐに結果画面へ!

自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定手順は自律神経の状態をわかりやすく表示!測定後に結果画面からすぐにレポートを印刷できます。ココロとカラダの状態をわかりやすく表示しているのでコミュニケーションツールとしてもご活用いただけます。

自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定手順は総合評価をマークと点数でわかりやすく表示!(顔のマークで表示。大変良い・良い・まあ良い・あまり良くない・良くない・脈の乱れあり)総合評価はわかりやすく点数で示されるので、測定された方への説明も難しくありません。


自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」測定から結果までの動画









自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」には2つの測定モード。クイック測定(イベントなどで使用しやすい!年齢だけ入力し、簡単に測定できます。)・登録測定(測定結果を保存し、管理できます!過去の結果を閲覧、時系列観察、大事なデータのバックアップも簡単にできます。)
自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」1.クイック測定測定・画面にしたがって測定スタートを押すだけ!2.登録測定・新規登録または登録リストから測定者を選択して測定!







豆知識。自律神経とは?「自律神経」は無意識のうちに体の状態を調節する神経です。私たちの生命活動を支えている脳と同じくらい大きな役割を担っています。「自律神経」には「交感神経」と「副交感神経」があります。
現代はストレス社会と言っても過言ではありません。私たちを囲んでいる環境、例えば大気汚染、複雑な社会構造、人間関係など常にストレス下
で生きていると考えられます。このような結果、ココロに関連する不調が増えつつ、ココロだけでなく身体の不調にも現れることが多く、これらは慢性的な疲労や疼痛となり検査しても現れないことも多いと言われています。更に、長期化のコロナ禍により、不安やストレスを
抱えてしまい、その結果メンタル力の低下により、うつなど心の病も増えていると聞きます。医療や健康を提供する側ではこれまでの方法だけで、これらの諸症状に対応できないことも
しばしばあると思います。その一番の理由は「見えない」からです。だから、自律神経を測定することで、これらを定量・数値化することにより的確なサービスの提供へつながるのです。「自律神経」は新しい健康のバロメーターなのです。
自律神経の状態は交感神経と副交感神経の「活性度」と「バランス」の両方が大切です。活性レベルが高いと、外部の環境変化に対する適応能力が高いとも言えます。交感神経と副交感神経の活性度とバランスに
は主に4つのパターンがあります。
自律神経測定器「condiView」では指先のセンサーから脈拍を高精度で検出します。交感神経・副交感神経の活性度とバランス等を分析することでストレスの度合・抵抗力・疲労度等を可視化、数値化し定量評価ができます。




自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」は医療機器「TAS9VIEW」と同レベルの精度

自律神経測定器ユーザー様の声


群馬県藤岡市・あきや∞接骨院・院長 秋谷大輔先生
Q1.あきや∞接骨院の特徴を教えてくださいA1.アットホームな空間と笑顔があふれる場所をコンセプトに接骨院を開業いたしました。痛みの根本的追及から気づきを与えられる施術をおこなっております。
Q2.自律神経測定器のご導入目的を教えてくださいA2.自律神経を測定することにより、「ストレス」を見える化にしたいと思ったこと、患者さんの身体にどのような変化がみられるのかを数値化したいと思ったからです。
Q3.自律神経測定器のご導入されて良かった点を教えてくださいA3.コンセプトである笑顔になってもらうためのきっかけになることや、説明をする際に役立ちます。患者さんからも自律神経が目に見える化の接骨院として噂になっております。また、Dr.に紹介する際にも役に立っています。導入して非常に良かったです。





神奈川県横浜市・横浜心療クリニック・院長 巽雅彦先生
Q1.横浜心療クリニックの特徴を教えてください。A1.“気軽に訪れ相談できる心のクリニック””わかりやすい診療”をモットーに考えております。心と身体の問題を皆さまと一緒に考え、少しでも解決のお役に立てればと心掛けています。
Q2.自律神経測定器のご導入目的を教えてください。A2.心身の悩みのある方は、自律神経のバランスが乱れ、ストレスや精神的の疲労により、肉体的な疲労度が高い方が多いです。その点について、患者さんに説明し易く、非侵襲的に測定できる機器を探していたところ、自律神経測定器「TAS9VIEW」 に出会い導入することにしました。
Q3.自律神経測定器のご導入されて良かった点を教えてください。A3.初診の患者さんを測定することが多いですが、非常に疲れている印象なのに「大丈夫です」と仰る方が多いです。そのような方に「休息が必要」と伝えやすくなりました。また自律神経のバランスを見て、日常生活の対応なども説明し易くなり、診療に役立てています。





香川県高松市・Wellnesta・代表 岩木博久様
Q1.Wellnestaの特徴を教えてください。A1.管理栄養士(国家資格)が自律神経の観点で健康支援を行っています。今の健康状態は今までの食習慣や生活習慣の結果でしかありません。自律神経の状態をもとに、ご自身で生活を見直すきっかけをお伝えしています。
Q2.自律神経測定器のご導入目的を教えてください。A2.医療機関での栄養指導がうまくいかない原因は食事以外にあると思っていました。独立するにあたって栄養だけじゃない部分もサポートできるようにしたいと思っていました。消化吸収とも関係する自律神経の状態を把握できることで、お客様に合わせた支援ができると考えました。
Q3.自律神経測定器のご導入されて良かった点を教えてください。A3.自律神経の観点を取り入れることで管理栄養士としてレベルアップできています。目の前にいるお客様の状態に合わせて関わっていくことができるようになったと思います。お客様の中にはなんとなく不調でも医療機関では異常がないとのことで不安になっている方がいました。自律神経を測定することによって、お客様がご自身の状態を理解する助けになっています。





東京都港区麻布漢方・ハーバルルーム・代表取締役 薬剤師 野口貴司 先生
Q1.麻布漢方 ハーバルルームの特徴を教えてください。A1.漢方相談歴20年以上の経験豊富な代表の薬剤師兼中医師と他2名の薬剤師が在籍。 お悩みの症状に対してカウンセリングを行い、お客様それぞれのライフスタイルや体質に合わせた漢方薬やサプリメントのご提案をいたします。東洋医学はもちろん、分子栄養学などの最先端の情報を用いて、症状の改善に向けてトータルサポートいたします。 血流測定、毛細血管検査、自律神経チェックなどの各種検査も充実しております。
Q2.自律神経測定器のご導入目的を教えてください。A2.「病院の検査では異常がみられないのに不調が続いている」「今まで色々な治療を受けたけど改善しなかった」とお悩みの方に現状を数値化・定量化することは大きい信用を得ることができ、改善にもつながると思いました。
Q3.自律神経測定器のご導入されて良かった点を教えてください。A3.導入し、自律神経を数値化できることは患者さんみなさんが大変安心なさってくれます。 弊社の信用やリピートにもつながり、自律神経測定器「TAS9VIEW」に感謝しております。






自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」には2年間の安心保証。condiViewにはお買い上げ日より安心の2年間保証がついています。保証期間中に故障した場合には、無料修理※を致します。※お客様の正常な使用状態(取扱説明書などによる正しい使用状態)の場合











自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」よくあるご質問

■ 自律神経測定機器を取り入れるのは初めてで、
  自律神経自体も詳しく知りません。
  どのように活用するか少し不安ですが、
  購入後にどんなサポートがありますか?

弊社では約20年間、自律神経測定に関わっており、多くのノウハウがありますので、オンライン勉強会という形でサポートさせていただきます。特に、発売記念キャンペーン期間中にご購入された方には、結果解説のケース勉強会が6回受けられるので是非ご参加をおすすめします。実際の測定結果をもっての解説をさせていただきます。 また、幅広い知識や情報提供のために、医療・健康支援を行っている方のための勉強会も毎月開催しております。こちらも6回ご参加できますので是非ご利用いただければと思います。

■ 測定結果は信頼できますか?

はい。上位機種に医療機器認定の「TAS9VIEW」があります。「condiView(コンディビュー)」の測定精度などはこの医療機器と同レベルの高い精度が特徴の一つでもあります。ご参考までに、TAS9VIEWは大学の研究にも十分使えるような機能が多くて、大学や研究機関だけでも400以上をご活用され、国内外の論文にも多く使われている製品です。

■ 機器の使い方が簡単そうですが、
  忙しい院で使用するにはどうでしょうか?

「condiView」は普段お忙しい現場でのご使用を想定して設定しています。無駄なボタン操作などをなるべく簡潔にしています。測定から結果印刷までほんの数回のボタンを押すだけですので、忙しい現場でもストレスにならなく使いやすいです。

■ 研究にも使用したいですが、可能でしょうか?

はい。研究結果をどのように活かすかにもよりますが、コンディビューは現場でのご活用を想定して設計されています。つまり、簡単、簡便、わかりやすさを追求していて、多くの機能を簡略化しています。院内研究として使われるには十分ご活用できますが、学会発表や論文投稿の目的の場合は、分析機能も多く、導入実績の多い医療機器の「TAS9VIEW」をおすすめいたします。

■ タッチパネルのパソコンは使用できますか?

はい。Windows10(8)ベースのタッチ式パソコンはご使用いただけます。そのために、ソフトのボタン類も大きく設計し、タッチ式パソコンも使いやすくしております。

■ iPadやタブレット端末は使用できますか?

いいえ。iPadでは使用できません。タブレットパソコンはOSがWindow10通常版(Home, Pro)のタブレットパソコンでは使用できます。※機種によって正常に動作しない場合もあります。

そのほかご質問やご不明な点等ございましたら下記「お問合せボタン」からお気軽にお問合せください。



自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」製品構成 1.本体2.センサー3.USBケーブル4.専用ソフト5.取扱説明書※本機器をご使用するには別途パソコンが必要となります。

自律神経測定器「condiView(コンディビュー)」仕様■本体・製品名:コンディビュー・モデル名:CVV-3N21・定格:DC5V 500mA・脈拍測定範囲:40~200bpm・脈拍測定精度:±2bpm・外形寸法:W90×D20×H70mm(本体)・重量:100g(本体)
■推奨パソコン・対応OS:Windows・CPU:Intel Core i5以上 メインメモリ:8GB以上・ハードディスク空容量:500GB以上・DVDドライブ(インストールのため)・ディスプレイ:1280×768ピクセル以上・インターフェイス:USBポート・インターネット環境(プログラムインストールのため)
※パソコンによっては正常に動作しない場合もあります。※ 外観・仕様は改善のため、予告なく変更することがあります。予めご了承ください。※ 本機器は医療機器ではありません。測定結果は診断を行うものではありません。

カタログ


※クリックするとPDFが表示されます。





プライバシーポリシー